News &
Topics
ニュース

2019.10.15

徳島インディゴソックス 日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ優勝のお知らせ

ルートインBCリーグでは、本日10月15日に行われた日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ第5戦において、徳島インディゴソックスが独立リーグ日本一となりましたのでお知らせ致します。
 
日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2019優勝
■徳島インディゴソックス 3勝2敗0分 (2年ぶり3回目の優勝)

【徳島インディゴソックス 牧野監督のコメント】
「数ある独立リーグのチームの中で日本一になれて非常に嬉しいです。
短期決戦の中で、チームが一戦一戦成長した結果だと思います。
5戦とも苦しい戦いでしたが、選手は諦めずに戦ってくれました。総力戦での優勝です。
その中でも竹内の存在は大きかったです。
ファンの皆さんにおかれましても、1年間素晴らしい応援をありがとうございました。」

【栃木ゴールデンブレーブス 寺内監督のコメント】
「優勝させてあげることができず、とても残念に思います。
選手たちはシーズンを通して、自ら首脳陣の意図を汲み取ってくれるようになり、技術面でも精神面でも成長し、本当に良いチームになりました。
この場に連れて来てくれた選手達に、感謝しています。
また、最後まで諦めずに戦う姿で、台風の被害に遭われた方々にも勇気を届けることができたのではないかと思います。
日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップという場で戦えたのは、ファン・スポンサーの方々の後押しがあったからです。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。」

【ルートインBCリーグ 代表村山のコメント】
「独立リーグ日本一決定戦に相応しい、痺れる程実力の拮抗した、レベルの高い試合でした。多くのファンの皆様の声援により、選手達は1試合毎に成長していったように感じます。
両リーグのすべてのファン、関係者の皆様に御礼申し上げます。」

なお、表彰選手は下記の通りです。
最優秀選手:竹内 裕太(徳島) 3試合2勝 22 2/3回 17奪三振 自責点7
敢闘賞:若松 駿太(栃木) 3試合1勝 14回 13奪三振 自責点6




ニュース一覧に戻る

SNS & Mail Magazine

BCリーグのオフィシャルチャンネル